2020年2月25日(火)■ 福寿草

福寿草

山にも春がやってきました。
多賀町の山間集落でフクジュソウが咲き始めました。
太陽の光を受けて輝く姿を見るとうれしくなります。
福寿草が咲き、節分草が咲くと春本番がすぐそこです。

今日は全国新酒鑑評会に出品する大吟醸の搾りが行われます。
毎年山田錦35%のお米を使っても、経過も違い、出来上がりも違います。
生き物相手のお酒造りは経験と柔軟さ、判断力などいろいろな要素が必要です。
ベテラン社員から若い社員へ多くのことを伝える吟醸造りは大切ですね。
今年の大吟醸もきっとおいしいお酒に育ってくれたことでしょう。

2020年2月19日(水)■ 雪景色

雪景色

今年は暖冬と言われており、雪も降らないかと油断していたら 2/18に10センチほど積もり、雪景色となりました。
雪の後に降った雨で雪は溶けたので、安心した半面 寂しい気持ちもありました。
今年はこれで終わりかもしれませんが、3月いっぱいは油断できません。

新型コロナウイルスが日本でも流行しつつあります。
薬局に行ってもマスク、アルコール除菌などは売り切れですし、 対策しようにも出来ない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
出来るだけ人ごみを避け、体調が悪い時は無理をしないで ゆっくり休みましょう。
これ以上、感染が拡大しないことを祈るばかりです。

写真:海の生き物の形をしたバレンタインチョコ

2020年2月10日(月)■ 胡宮神社(このみやじんじゃ)

名勝胡宮神社社務所庭園

磐座がある青竜山のふもとにある胡宮神社は起源は神代といわれ、 鎌倉時代にこの地域で強大な勢力を誇った敏満寺の鎮護として栄えました。
廃仏毀釈により、廃止された福寿院の庭園は江戸時代中期のものと推定され、 国指定名勝になっています。
多賀町では平成27年度から国の補助を受けて修復整備工事をし、 平成29年度に社務所の修理工事が完了しています。
植栽や水系、構造物などの整備はこれから順次行われる予定です。
しだれ梅が咲く庭を眺めると長い歴史を感じます。
国指定史跡の石仏谷墓跡もそばにあり、中世の墓跡が残っています。
多賀にはまだまだ知られていない魅力ある場所がたくさんあり、 歴史好きの方にも自然好きの方にもおすすめです。

写真:名勝胡宮神社社務所庭園

2020年2月3日(月)■ 節 分

ひこにゃん

2月3日は節分です。

節分には豆まきをして、恵方巻を食べる風習があります。
なぜ豆まきをするのかというと 季節の変わり目には鬼や魔物などの邪気が生じると考えられており その邪気を追い払う儀式、無病息災を祈願する儀式など いくつか言い伝えがあります。

恵方巻きの「恵方」とはその年のいい方角の事で「巻き」とは福を巻き込む 巻きずし(太巻き)の事です。
恵方巻を食べるポイントは、節分の夜に太巻きを切らずにかぶりつき 食べ終わるまで喋らず、心の中でお願いごとをしながら 恵方を向きながら食べます。

喋りたくなってしまうと思いますが、ぐっと我慢してお願いごとをしてみてください!

写真:四番町スクエアで出会ったひこにゃん

2020年1月27日(月)■ 獅子舞が来てくれました!

獅子舞

今年も山本長太夫のみなさんが回ってこられました。
無病息災、商売繁盛を祈って毎年来てくださりありがたいことです。
笛、太鼓、鐘の音が響く中、獅子が賑やかな舞を見せてくれました。
獅子舞を迎えると今年も春が近いと感じます。
華やかでうれしいひと時でした。

蔵では、大吟醸の仕込みも完了しました。
今年もいいお酒ができるようにしっかり見守ります。

2020年1月20日(月)■ 1月20日は「大寒」です

親玉製菓様のイチゴ大福

大寒は、二十四節季の一つで一年を24等分したものです。
大寒以外にも春分や夏至、秋分、冬至も二十四節季になります。

太陽の動きによって日にちが変わる為、毎年同じ日とは限りません。
2020年は1月20日(月)が大寒、期間は1月20日(月)〜2月3日(月) までが大寒になります。

大寒に産まれた卵を食べる風習があるのをご存知でしょうか?
現在のニワトリは一年中卵を産みますが、昔のニワトリは寒い時期には 卵は産まなかったそうです。
そのため、寒い時期に産まれた卵は貴重でした。
寒さに負けることなく産み落とされた卵には栄養が多く、 強運を持っていると信じられ、子どもが食べると体が丈夫になり、 大人が食べると金運が上がると言われています。
現在でもその風習は受け継がれており、大寒卵を使った食料品が 販売されていたりするそうです。

写真:四番町スクエア内、親玉製菓様のイチゴ大福

2020年1月14日(火)■ 企画展「明智光秀と戦国の多賀」始まりました

光秀展

多賀町立博物館の企画展で明智光秀に関する展示が行われています。
多賀町佐目に伝わる明智十兵衛光秀の出身説がわかりやすく紹介されています。
また多賀大社が戦国時代に重要な役割を果たしていたことを知る戦国武将の資料な ど、 興味深い展示になっています。

今回、NHK大河ドラマで明智光秀が主人公になったことは、とてもうれしいことで す。
今まで、表にでてこなかった多賀の歴史にワクワクします。
19日には初回放送のパブリックビューイングも行われることになり、 光秀にちなんだ商品ということで「琵琶の神龍」麒麟ラベルも紹介します。
多賀にはキリンビール滋賀工場があり、いっしょに盛り上げていきたいと思います。
19日13時から多賀大社所蔵県指定文化財「明智光秀禁制」文書の実物が初公開されま す。

ぜひ今年は、明智光秀にご注目ください!

多賀町立博物館HP
http://www.town.taga.lg.jp/akebono/museum/index.html

2020年1月6日(月)■ あけましておめでとうございます

ハムちゃん

旧年中は格別のお引き立てをいただき、誠にありがとうございました。
本年も皆様により一層ご満足いただけますよう社員一同誠心誠意努めてまいります。
今後とも変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

今年はねずみ年という事で、ペットショップではハムスターや ハリネズミといった動物が多く売られていました。

また、国内5動物園のカピバラ(世界最大のねずみ)が入浴時間の長さを競う 「第8回カピバラ長風呂対決」が行われました。
優勝したのは那須どうぶつ王国(栃木県)のカピバラの「コゴミちゃん」 記録はなんと3時間2分5秒という結果!!
人でもこんなに入浴できるのでしょうか…
相当気持ちよかったのかもしれませんね!
いつかはどこかの園で長風呂対決の応援をしてみたいです。

写真:ペットのジャンガリアンハムスターの「ハムちゃん」

2019年12月30日(火)■ 令和元年が終わります

仕込みタンクに沈む太陽

今年も多賀のお酒をご愛顧いただきありがとうございました。

新しい年がみなさまにとって いい年になりますようにお祈りします。
新年の営業は1月6日からです。
来年もどうぞよろしくお願いします。

写真:仕込みタンクに沈む太陽(令和元年7月29日撮影)

2019年12月24日(火)■ 今年も残り少なくなりました

冬の準備をしたソテツと仕込蔵

平成から令和になり、いろいろな変化が多い一年でした。
多賀株式会社も、4月に若い新入社員を迎えることができました。
平均年齢もぐっと下がり、活気ある毎日です。

輸出も台湾が加わり、イギリス、イタリア、スペイン、スウェーデンへと広がっています。
来年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」のオリジナルラベル『琵琶の神龍』の販売を開始しました。

明智光秀が幼少のころ住んでいたと言われる十兵衛屋敷跡が多賀町佐目にあります。
交通の要衝である多賀町の歴史を知る機会になることと思います。
来年も、多賀の魅力を発信し、多賀のおいしいお酒をみなさまにお届けしていきます。
どうぞ、今後とも清酒『多賀』をよろしくお願いします。

写真:冬の準備をしたソテツと仕込蔵

2019年12月19日(木)■ 地球温暖化

橋から見える飛行機雲

今年は暖冬になるといわれています。
多賀町では最低気温が2度の日もあれば10度もある日もあり 平年並みなのか暖かいのかよく分からない状態です。

先日、ネットニュースでロシアの村にシロクマが現れた、と記事になっていました。
理由は温暖化により氷が溶けてしまったために狩りのできる 範囲が狭くなってしまったためです。
それも狩りが出来ないので大半が痩せていたそうです。
私たちの生活がよりよくなるほど、地球温暖化が進み 動物にとっては住みにくく、時には命が無くなってしまう事も。

最近ではプラスチックのゴミの削減の為にプラスチック製の ストローから紙製のものに移行していったりと取り組みが 行われています。小さくなったプラスチックは海に暮らす 生きものの体に蓄積され、魚など海の生き物を食べる人間からも 検出されているそうです。現状は排泄されているものがほとんど だという事ですが、このような状態が続けば体に不調が表れたり するかもしれません。
他人事と思わず、地球温暖化を含む環境問題に向き合って 1人1人出来ることから実践していきたですね。

写真:橋から見える飛行機雲

2019年12月9日(月)■ オリジナルラベルの「琵琶の神龍」好評です

オシドリ

多賀町佐目に明智光秀の出身説があり、いろいろなところで 光秀の話題で盛り上がっています。
そんな中でNHK大河ドラマ「麒麟がくる」のオリジナルラベルが、 滋賀県と光秀の関係を知る機会ににもなってほしいと思います。

歴史がおもしろい多賀は、自然も多く、水鳥たちもたくさんいます。
今の季節は冬鳥も加わり、ため池がにぎわっています。
その中でもオシドリの姿はひときわ美しく見とれてしまいます。
多賀サービスエリアの近くで車がすぐそばを通っているのですが、 鳥たちは悠々と泳いでいます。
人の気配を感じると一瞬で飛び立ってしまうのでそっと眺めました。

写真:オシドリの雄3羽と雌1羽

Copyright(c) 2016 Taga Inc. All Rights Reserved. Design by http://www.sakenotaga.co.jp