2019年2月19日(月)■ 送料に関するお知らせ

オオイヌノフグリ

いつも通販をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

この度弊社が提携しております運送会社より送料値上げ要請があり お客様には大変心苦しいお願いとなり誠に恐縮ではございますが 送料無料基準を改定させていただく事となりました。

今後もお客様にご満足いただけるよう、品質の向上、サービスの充実に努力する所存です。
今後とも変わらぬご愛顧を賜りますよう、お願い申し上げます。

実施時期:平成31年3月1日注文・出荷分より

改定内容: 改定前…発送先1件あたりの商品価格が3000円以上お買い上げで送料無料
      改定後…発送先1件あたりの商品価格が5000円以上お買い上げで送料無料

送料:700円+税

その他ご不明な点がございましたらお手数ですが、弊社までご連絡をお願いいたします。

写真:会社の花壇に咲くオオイヌノフグリ

2019年2月12日(火)■ 近江の新酒きき酒会

フトアゴヒゲトカゲ

今回は入社2年目の三輪が担当します。
初めてお知らせを任されて緊張しています…

2019年3月21日(木・祝)にびわ湖大津プリンスホテルで 滋賀の地酒のきき酒会があります。
県内の33蔵が参加し、試飲・購入もしていただけます。

平成28年3月に「近江の地酒でもてなし条例」が制定され、 近江の地酒で遠来のお客様をもてなそうとする取り組みが 行われています。
多賀も参加しますので、ぜひご参加ください。
前売りは当日券よりも安く購入できますので 下記のリンクからご確認ください。

https://shiga-jizake.net/festa/

写真:ペットのフトアゴヒゲトカゲ

2019年2月4日(月)■ 立春です

立春です

今日は立春、ちょうど獅子舞がきてくれました。
山本長太夫一座のみなさまが、多賀町の各集落を回って、 家内安全や商売繁盛などを願って舞ってくださいます。
笛の音や太鼓の音に春の訪れを感じます。
今年一年、無事過ごせますようにと頭も噛んでもらいました。

蔵ではタンクの中でプクプク育つ大吟醸にドキドキの毎日です。
健やかに、元気に、穏やかにといろいろな思いで見守ります。
成長する様子を見守るのは子どもを育てるようですね。

『パ酒ポート 近江の地酒版』を片手に訪ねてくださる方も増えてきました。
お多賀さんにお詣りした帰りに寄ってくださいます。
季節限定のしぼりたて原酒が人気です。今だけのお酒はおすすめです。

写真:会社に来てくれた獅子舞

2019年1月28日(月)■ 雪景色

田んぼで見つけたセグロセキレイ

雪が降ると、空気が澄みきって山々が幻想的に見えます。
四季がある日本の景色は本当に美しいですね。

セグロセキレイが、雪が積もった田んぼで忙しそうに動き回っていました。
以前はジョウビタキやヒレンジャクなどの姿をよく見かけたのですが、最近、あまり見かけません。
こんな田舎でも宅地造成や、護岸工事が進み環境が変わっています。
鳥たちが住みやすいところを守っていくことは人間にとっても大切だと思います。

大吟醸の2本目の仕込みが完了しました。
寒い季節、朝早くからの作業は大変ですが、凛とした空気がいいお酒の誕生を感じさせてくれます。
1本目のタンクをのぞくと、フルーティな香りが広がります。
お米からこのような香りがうまれるというのは日本酒のすごいところですね。
そんな日本酒を造ってきた先人たちの知恵に感心します。

写真:田んぼで見つけたセグロセキレイ

2019年1月21日(月)■ 成人の記念植樹

成人の記念植樹

中村さんと三輪さんが、成人記念にヤマボウシの樹を植えました。
若い社員が加わって活気があふれる多賀株式会社です。
会社の看板がよく見える井戸のそばに植えられたヤマボウシの成長が楽しみです。

今、多賀は、2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公明智光秀の話題で盛り上がっています。
多賀町佐目で光秀が生まれたということがいろいろな角度から検証されています。
そこからわかる多賀の歴史は奥が深く、広がりがあります。
ロマンがあふれる話がいっぱいで、ぐいぐい引き込まれます。
地域の歴史文化を、みんなで発掘し、発信していきたいと思います。

写真:植樹をする新成人社員

2019年1月15日(火)■ 則本兄弟が楽しみです

多賀町役場の垂れ幕

多賀町は人口が7553人の小さな町です。
ここから2人目のプロ野球選手が誕生しました。
則本佳樹(のりもとよしき)選手は則本昂大(のりもとたかひろ)選手の弟です。
東北楽天ゴールデンイーグルスで兄弟の活躍が楽しみです。
2人が卒業した大滝小学校は小人数なのでみんなが力を合わせてがんばっています。
そんな中で切磋琢磨しながら育った2人の活躍を期待します。
過疎が進む町に明るい希望が広がります。

11日に仕込んだ多賀の大吟醸も健やかに育っています。
蔵人みんなが愛情を注ぎながら大切に見守ります。
プクプクと答えてくれる醪はきっとおいしいお酒になることしょう。

写真:多賀町役場の垂れ幕

2019年1月7日(月)■ あけましておめでとうございます

タラヨウの木

今年もどうぞよろしくお願いします。
新しい年が笑顔で過ごせることを祈ります。

多賀大社は滋賀県で一番初詣の参拝者が多い神社です。
生命を誕生させた神様ということから、延命長寿・縁結びなどで知られています。
「恋みくじ」の大吉に喜び合うカップルの姿など、ほほえましいお正月の光景でした。

蔵もお正月は大吟醸の酛の管理を交代で見守る作業だけで静かでした。
今日から作業スタートで、蒸米のいい匂いがあたり一面に広がっています。

写真:赤い実がたくさんついたタラヨウの木
タラヨウは、葉に書いた文字が浮き上がるので「ハガキの木」といわれます。

2018年12月25日(火)■ 今年もお世話になりました

冬の杉坂山と芹川

2018年があと少しになりました。
今年も清酒「多賀」をご愛顧いただきありがとうございました。

今年は、仕込み蔵の改修工事ができました。
きれいになり、お酒造りの環境がよりよくなりました。
一年、一年と積み重なる歴史があり、続いていくのだと思います。

お酒造りは、生き物相手の仕事なので、毎年新たな発見や感動があります。
メンバーも若返って、未来につながる活気あふれる酒造りです。

海外もスウェーデンが加わり、スペイン・ドイツ・イギリス・イタリア・香港への輸出ができました。
多賀から世界へと広がり、ワクワクしています。

これからも社員一同力を合わせて、おいしいお酒を造り続けますので、来年もどうぞよろしくお願いします。
みなさま、良いお年をお迎えください。

写真:冬の杉坂山と芹川

2018年12月17日(月)■ 純米酒大賞の表彰式でした

純米酒大賞の表彰式でした

  12月13日に純米酒大賞2018の表彰式に東京まで行ってきました。
「多賀秋の詩」が純米酒部門の金賞に輝き、表彰状をいただきました。
お米にこだわったお酒の受賞が多く、それぞれの蔵元の思いを聞きながら日本酒の奥深さを感じました。
グランプリは八戸酒造さんの「レイメイ」というお米で造られた「純米大吟醸 レイメイ40」でした。
お米の名前がお酒の名前になっているとわかりやすいですね。
多賀秋の詩も「秋の詩」というお米からできていますと紹介し、滋賀県だけのお米をみなさんに紹介しました。
たくさんの金賞受賞酒を味わいながらの楽しい宴でした。
おいしいお料理に滋賀“海老豆”が入っていたのがとってもうれしかったです。
お料理もお酒との相性が抜群でした。

写真:フルネットの高瀬様と記念撮影

2018年12月10日(月)■ びわ湖放送の取材

びわ湖放送の取材

  知ったかぶりカイツブリにゅーす「あってくれてありがとう」の撮影がありました。
駐車場に停まったアミンチュの車はとってもにぎやかでした。

アミンチュのキャラクターは滋賀県の県鳥カイツブリです。
車には大きなリボンの女の子のカイツブリ「恋ツブリ」や「野洲のおっさんカイツブリ」などが描かれています。
びわ湖放送の番組には滋賀県を盛り上げるいろいろな企画があり、その中で取り上げていただけてありがたいことです。

蔵の中の作業の様子なども撮影がありました。どんな番組になるのかドキドキします。
放送は12月10日18時40分からの「知ったかぶりカイツブリニュース」の中で放送されました。
放送後にアミンチュのHPで見ることができます。

https://www.youtube.com/channel/UC7mJg2ZhiMknyRVep27JnQg



8分17秒ぐらいから始まります。

写真:アミンチュのカラフルで楽しい車

2018年12月3日(月)■ 大門池

大門池

  青龍山のふもとの大門池に、たくさんの水鳥たちが集まってきています。
大門池がある敏満寺は古くは「水沼の庄」といわれ、奈良東大寺の荘園だったところです。
約1200年前に荘園田の灌漑用に造られた池が、今の大門池です。
冬になるといろいろなカモの仲間を見ることができます。
カイツブリやカワセミもいて、鳥たちの楽園です。

池から青龍山を眺めると、木々の穏やかな色合いの紅葉がきれいでした。
多賀町は古くから人が住んでいたところで、興味深い歴史がいっぱいです。

近江鉄道の冬の風物詩「近江の地酒電車」の募集が始まりました。
おいしい滋賀の地酒をお楽しみいただけます。
http://www.ohmitetudo.co.jp/railway/jizakedensya2019/index.html

写真:大門池から眺める青龍山

Copyright(c) 2016 Taga Inc. All Rights Reserved. Design by http://www.sakenotaga.co.jp